【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ


ホワイトランに戻ったとき、地鳴りのような声がした。

ドヴァーキン!

西の監視塔で目撃されたミルムニルというドラゴンを倒し、ドラゴンソウルを吸収したSumomo。
グレイビアード達がそのことをどこで知ったのか分からないが、私を世界のノドといわれる
山の頂上付近に建つ修道院、ハイ・フロスガーに来い!という意味で叫んだ言葉だった。

『もっとわかりやすく囁いてくれればいいのに。カッコつけなくてもいいのにぃ・・・』

とにかく、そのハイ・フロスガーがどんな所なのか見てみたい。
ハイ・フロスガーへはイヴァルステッドという村から登っていく道があるので、まずはこの村を目指す。

リバーウッドから山をまたいでイヴァルステッドへ行く道はどうだろうか・・・。

【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ


途中、魔女に出くわしちゃったり。

『ここ・・・ハグレイブンって奴がいるとこだったね・・・』

【第2話】序章:声の道1

ヤバくなったので、逃げてきました。
一応イヴァルステッド方面へ向かっていたつもりだったのですが・・・

『どうしてもあの道に行きたい・・・』

【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ

でも降りるのが面倒になったので、諦めたSumomoはマップを出して
高速移動することにしました。


次はイヴァルステッドに近めだった場所は、エルダーグリーム聖域だ。

【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ

南西方面へ下って行くと、すぐ温泉地にさしかかる。
そこには3人の狩人たちがいて、温泉に浸かっていたのだけれど・・・

...続きを読む ≫≫
web拍手 by FC2

PageTop

Profile

Sumomo R.

Author:Sumomo R.
いつもご訪問ありがとうございますo(*´∇`*)o♪
2016/10/21付けで完全にスカイリム専用ブログとなりました。
当ブログはR18/G※エロ・グロ含む記事がありますので、18歳未満の方は速やかにご退場ください。
オススメのMODの紹介やプチ小説(最初はゲーム日記だったのですが、妄想が止まらなくて小説染みた内容に変化しました・・・;)
下手な素人小説ですが、温かい目で見守ってください。
※MODは日々更新されておりますので、載せてる記事内容は古くなります。
※一部ネタバレ記事あり。
※拍手御礼画像は不定期で更新。
※当ブログはリンクフリーです。

New!
Menu
Colorful Tag Cloud
Search this site
Link
Counter
Calendar
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ Archive
 
Amazon Pickup
Breathe ≪Amazon.co.jpアソシエイト≫