【第11話】秘めた想い:前編


アストリッドの指示が出るまで、ナジルからの仕事を行った。
時間を潰すためとは言え、それが人殺しの内容とは一般人がやることじゃない。
・・・いや、私はもう闇の世界にどっぷり浸かった暗殺のスペシャリストなのかもしれない。

吟遊詩人のルーブクと吸血鬼のハーン・・・不幸にも、ハーンの奥さんと思われる女性に
殺害現場を目撃されてしまい、やむを得ず一緒に殺めてしまった。


・・・――――仕事を終えて、泥だらけで聖域に戻ってきた。
恥ずかしい姿を見られないように、そろりと大広間を抜けて通路へと入っていく。

Sumomo:あ・・・ヴィーザラ・・・

バッタリと出くわしたのは、アルゴニアンのヴィーザラ。
私が聞こえし者であることはもう、彼の耳に入っているのだろう・・・。

【第11話】秘めた想い

ヴィーザラ:・・・Sumomoか。仕事が終わったんだな。その証拠にローブの汚れ方が半端ないぞ。
ナジルから聞いたんだが、最近随分と頑張っているそうだな?感心するよ。

『あれ・・・? なんだ・・・知らないのか』

Sumomo:えへへ!ヴィーザラさんに褒められちゃった~♪照れちゃう。

ヴィーザラ:・・・良かったな。これからも頑張れよ。じゃあな。

『それだけかぃ!』

Sumomo:・・・久しぶりに会ったのに、なんだか刺々しいんだけど・・・。どうしたの?
会った途端、ため息ばかりだし・・・なんか、暗いよ?

ヴィーザラ:君には関係のないことなんだ。

そう言うと、ヴィーザラはスタスタ歩き出した。

Sumomo:私に出来ることがあれば・・・力になるよ。家族なんだからさ。
一人で悩まないで家族に相談したほうがいいって・・・アストリッドが言ってたよ。

ヴィーザラ:ア・・・アストリッドが?

くるりと方向転換して、また私の方に戻ってきた。急にいったいどうしたんだろう?

【第11話】秘めた想い:前編s

ヴィーザラ:お前の目を見るととても澄んでいる。秘密を厳守する真っ直ぐな目だ。
・・・だから、信用しよう。だが、この場では駄目だ。皆が寝静まる深夜・・・寝室で落ち合おう

【第11話】秘めた想い


・・・ふとヴィーザラの額を見ると、汗が滲み出ていた。

...続きを読む ≫≫
web拍手 by FC2

PageTop

Profile

Sumomo R.

Author:Sumomo R.
いつもご訪問ありがとうございますo(*´∇`*)o♪
2016/10/21付けで完全にスカイリム専用ブログとなりました。
当ブログはR18/G※エロ・グロ含む記事がありますので、18歳未満の方は速やかにご退場ください。
オススメのMODの紹介やプチ小説(最初はゲーム日記だったのですが、妄想が止まらなくて小説染みた内容に変化しました・・・;)
下手な素人小説ですが、温かい目で見守ってください。
※MODは日々更新されておりますので、載せてる記事内容は古くなります。
※一部ネタバレ記事あり。
※拍手御礼画像は不定期で更新。
※当ブログはリンクフリーです。

New!
Menu
Colorful Tag Cloud
Search this site
Link
Counter
Calendar
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ Archive
 
Amazon Pickup
Breathe ≪Amazon.co.jpアソシエイト≫