【第23話】盗賊ギルドの鑑定家


・・・―――――――――――――――・・・

何も望んでいなかった・・・けれど、気が付いたら私の手がひどく汚れていた。


・・・犯罪という色に。

・・・―――――――――――――――・・・

ブリニョルフ:完璧だ。・・・・これなら、盗賊ギルドへ招待できるぞ。・・・ん?
なんだ、暗い顔をして・・・嬉しくないのか?

Sumomo:いえ・・・自分に驚いているだけです。・・・さ、さあ早く行きましょ!

私の窃盗技術は想像以上のものとなり、ブリニョルフの言いつけ通りに順調に事は運んだ。

ポケットに違和感を感じたブラン・シェイは、Sumomoがこっそり入れたマデシの指輪を手にとって
ひどく慌てた様子だった。

「・・・あれは俺の指輪だ!」

マデシは大きな声でブラン・シェイを指差した次の瞬間、リフテン衛兵はブラン・シェイの腕を掴み、地面に押さえつけた。

ブラン・シェイ:俺はやっていない!これは誰かの陰謀だ!!

リフテン衛兵:もう遅い!・・・これ以上抵抗すると、この鋭い刃を咽に突き刺すぞッ!

・・・――――――こうしてリフテン衛兵によってブラン・シェイは御用となったのである。

罪の無い人に罪をかぶせた・・・・・神に背を向ける行為をした。
神と言っても、どんな神なのかは分からない。少なくとも悪を嫌う神だと想像できる。

ブリニョルフ:意外な才能を発見できてよかったな・・・小娘。

【第23話】盗賊ギルドの鑑定家

リフテン墓地中央の白い建物の中へと案内されたSumomo。

...続きを読む ≫≫
web拍手 by FC2

PageTop

Ice Dagger


Ice Dagger・・・魔術師向けのダガーです。

Ice DaggerS

素敵だな~と私はおもったんですが・・・あまり人気が無いみたいなので、今回記事に上げました。
(知られていないだけ・・・?)
更新も止まってるみたいなので、これで完成品なのかな?

...続きを読む ≫≫
web拍手 by FC2

PageTop

【第22話】盗賊さん、こんにちは。


あれからシセロと別れてベッドに腰を下ろしたSumomoは、フゥー・・・っと長く息を吐き思いふける。

シセロが顔を近付けて、私の何を知りたかったのか?
私の反応を見て得たものとはいったい何だったのか?

結局、彼が何をしたかったのか私には全く見当がつかず、考えれば考えるほど頭の中が混乱するだけだった。

アストリッドの命令で明日は、リフテンの盗賊ギルドへ長い旅に出掛けないといけない。
ホワイトランまでは徒歩になるけれど、そこから馬車を借りたとしても到着するのに夜中までかかるとおもう。
リフテンにはウィンドヘルムのアベンタス・アレティノの依頼で訪れたことが一度あるが
オナーホール孤児院での出来事以来全く街の印象は覚えていない。

【第22話】

Sumomoは馬車の荷台に揺られて、いつの間にか爆睡していたらしい。

...続きを読む ≫≫
web拍手 by FC2

PageTop

Profile

Sumomo R.

Author:Sumomo R.
いつもご訪問ありがとうございますo(*´∇`*)o♪
2016/10/21付けで完全にスカイリム専用ブログとなりました。
当ブログはR18/G※エロ・グロ含む記事がありますので、18歳未満の方は速やかにご退場ください。
オススメのMODの紹介やプチ小説(最初はゲーム日記だったのですが、妄想が止まらなくて小説染みた内容に変化しました・・・;)
下手な素人小説ですが、温かい目で見守ってください。
※MODは日々更新されておりますので、載せてる記事内容は古くなります。
※一部ネタバレ記事あり。
※拍手御礼画像は不定期で更新。
※当ブログはリンクフリーです。

New!
Menu
Colorful Tag Cloud
Search this site
Link
Counter
Calendar
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ Archive
 
Amazon Pickup
Breathe ≪Amazon.co.jpアソシエイト≫