スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

PageTop

【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ


ホワイトランに戻ったとき、地鳴りのような声がした。

ドヴァーキン!

西の監視塔で目撃されたミルムニルというドラゴンを倒し、ドラゴンソウルを吸収したSumomo。
グレイビアード達がそのことをどこで知ったのか分からないが、私を世界のノドといわれる
山の頂上付近に建つ修道院、ハイ・フロスガーに来い!という意味で叫んだ言葉だった。

『もっとわかりやすく囁いてくれればいいのに。カッコつけなくてもいいのにぃ・・・』

とにかく、そのハイ・フロスガーがどんな所なのか見てみたい。
ハイ・フロスガーへはイヴァルステッドという村から登っていく道があるので、まずはこの村を目指す。

リバーウッドから山をまたいでイヴァルステッドへ行く道はどうだろうか・・・。

【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ


途中、魔女に出くわしちゃったり。

『ここ・・・ハグレイブンって奴がいるとこだったね・・・』

【第2話】序章:声の道1

ヤバくなったので、逃げてきました。
一応イヴァルステッド方面へ向かっていたつもりだったのですが・・・

『どうしてもあの道に行きたい・・・』

【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ

でも降りるのが面倒になったので、諦めたSumomoはマップを出して
高速移動することにしました。


次はイヴァルステッドに近めだった場所は、エルダーグリーム聖域だ。

【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ

南西方面へ下って行くと、すぐ温泉地にさしかかる。
そこには3人の狩人たちがいて、温泉に浸かっていたのだけれど・・・


雨が引っ切り無しに降り続ける。

『寒そうに見えるけれど・・・温泉は気持ちいい?』

【第2話】序章:声の道1

声をかけると、迷惑そうにしてこちらを睨んできた。

『貴方の体を心配したのだけど、無駄だったようだね・・・』

近くにいる他の狩人達にも声をかけてみたが、返ってくる言葉は同じだった。


こんなとこで道草くってられない!急がなくちゃ!

・・・ん? 君は・・・誰??ずいぶんと怖い顔をして。

【第2話】序章:声の道1
【第2話】序章:声の道1

エイッ!!・・痛い目を見たようだねッ!少し傷を負っちゃったけど、このくらい平気だよん。


敵は片付いたことだし・・・さて、先に進もう。

【第2話】序章:声の道1

なんだかえらい時間がかかってるなぁ・・・イヴァルステッドってこんな遠かったっけ?

だんだん夜が明けてきちゃったよ。登り道・・・か。


・・・あれ?嫌な予感してきた。


熊がキターーー!

ぎゃああああ!大ダメージ!!

【第2話】序章:声の道1

・・・―――――― ぐふっ!

瀕死の重傷を負ったけれど、なんとか死んだふりでその場から避難しました。


自然の驚異には勝てません・・・。

安全第一を取って最終ルートはもうここしかない。

【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ

一番遠い道だなぁ~~。何事にも無理は禁物だね。

いったいここまで来るのに何日かかったのだろう・・・?
・・・やっとのことで無事イヴァルステッドにたどり着いたSumomo。

【第2話】序章:声の道1

あの天辺にグレイビアード達が住む修道院、ハイ・フロスガーがあるんだ・・・。

まずは情報を酒場で仕入れましょう。これ、鉄則。

【第2話】序章:声の道1

なん・・・だと!?
そんなこと言われたって、私は伝説のドラゴンボーンと呼ばれたカジートなの。
何が何でも絶対、たどり着いてみせる!

聞き込み調査開始から1時間――――・・・

クリメクという男に話しかけてみた。
どうやらこの人、ハイ・フロスガーまで供物を届けに行ってきてもらいたいらしい。

【第2話】序章:声の道1

ついでだし、行ってやらないこともない。

【第2話】=声の道=イヴァルステッドへ

その代わり報酬はたっぷりいただくわ。・・・なんてね♪(鬼
こんな私に頼るなんて余程、臆病な男だわ。アハハ!


・・・そしてまた、夜が更けていきました。出発は明日の早朝にしよう。


宿の窓から見る夜空はすごく綺麗だった。今夜はとても寒いみたい。

【第2話】序章:声の道1


『はぁ・・・私の前に強くて素敵な男性はいつ現れてくれるの・・・?』

web拍手 by FC2

PageTop

Profile

Sumomo R.

Author:Sumomo R.
いつもご訪問ありがとうございますo(*´∇`*)o♪
2016/10/21付けで完全にスカイリム専用ブログとなりました。
当ブログはR18/G※エロ・グロ含む記事がありますので、18歳未満の方は速やかにご退場ください。
オススメのMODの紹介やプチ小説(最初はゲーム日記だったのですが、妄想が止まらなくて小説染みた内容に変化しました・・・;)
下手な素人小説ですが、温かい目で見守ってください。
※MODは日々更新されておりますので、載せてる記事内容は古くなります。
※一部ネタバレ記事あり。
※拍手御礼画像は不定期で更新。
※当ブログはリンクフリーです。

New!
Menu
Colorful Tag Cloud
Search this site
Link
Counter
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ Archive
 
Amazon Pickup
Breathe ≪Amazon.co.jpアソシエイト≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。