スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

PageTop

【第13話】夢の中の老人


話の内容は二人だけの秘密。

【第13話】夢の中の老人s

ヴィーザラは悲し気な表情を浮かべたが、アストリッドには一切伝えないと約束を交わした。
もしこの内容が漏れたら忽ち噂が広がり、夫のアーンビョルンの耳にも届くだろう。
想像するだけでも鳥肌が立ってしまう・・・。

『ごめんね。・・・でも、あなたの為でもあるし・・・この聖域の為でもあるの』

Sumomoは自分の寝室に戻り、ベットに横になった。


『・・・シセロ・・・まだ怒ってるのかな・・・?』


・・・―――そう思いながら、鞄からシセロの日記第2巻を取り出し目を通した。

これがシセロの心を移す日記。
辛くなったとき、寂しくなったときに読もうと決めている。

それに・・・シセロの気持ちをもっと知りたいと思っているから・・・。

別に、変な意味じゃないよ・・・。

【第13話】夢の中の老人s



第四紀188年 南中の月7日

ウェイレストを失った。街は海賊の手に落ち、聖域が侵略されるのも
時間の問題だ。万が一の時は、夜母のご加護がありますように。


第四紀188年 収穫の月5日

今日、知らせを受けた――。
ウェイレスト聖域は海賊の襲撃にあって破壊された。生存者はいない。

これで実際に機能している闇の一党の拠点は残りたった3つとなってしまった。
ここ帝国地域にあるシェイディンハル聖域、スカイリムの
森の中に位置する遠隔地の聖域、そしてエルスウェーアにあるコリンス聖域だ。

ブラックハンド(闇の一党の幹部)はコリンス聖域の閉鎖、そして
そのコリンス聖域のメンバー達をここシェイディンハルにいる我々の階級の中に迎え入れて
一体化することを命じた。
自分がここに住み始めた当初してもらったように、私は新しく家族のメンバーとなる者達を
暖かく迎え入れるつもりだ。


・・・――――――――――・・・・
・・・――――――――――――――――――・・・


【第13話】夢の中の老人

・・・――――――――――――――――――・・・

【第13話】夢の中の老人


『・・・またあの夢・・・? この建物は私に何の意味を示しているの・・・?』

――――――――――――――――――・・・


『いい場所だといいんだけど・・・』


・・・――――――――――――――――・・・

Sumomo・・・

・・・――――――――――――・・・

わお!面白い手品だねぇ。教えて・・・?教えてくれよぉ!

・・・――――――――――――――――――――――――・・・


Sumomo・・・


・・・――――――――――・・・


どうすれば聞こえし者の力になれる・・・?

【第13話】夢の中の老人


・・・―――――――――・・・Sumomo・・・


・・・・・・。

・・・――――――――・・・

『え?・・・何?聞こえない・・・・・』

・・・―――――――――――――――――・・・・・・


――――――――――――――――・・・


自分の未来が少し見えるの・・・近い将来私は死ぬわ。


【第13話】夢の中の老人

家族のことは分からない・・・でも・・・虚無に深い闇が渦を巻いていて・・・・・

私の古い友人に話を聞いて。
あなたの進むべき道をきっと示してくれるはずよ・・・。


『古い友人とは一体誰なの?ねえ・・・教えてよ、ガブリエラ!』

―――――――――・・・
――――――――――――――――――・・・・


・・・今日も平和だわ。あら・・・? かわいい猫ちゃん。



『・・・?』

そう、あんたのことだよ。こっちへいらっしゃい・・・。怖がらないで・・・傷つけるようなことはしないよ。

『私のこと・・・見えるの?どうして・・・?』

ふふふ・・・どうしてだろうね?
・・・だが、全然不思議なことじゃないよ。だってここはあんたの・・・夢の中だろう?


『そ・・・そうだね!言われてみれば・・・。あははっ!』

【第13話】夢の中の老人

こう見えて私は大の占い好きなの。
お茶占い、手相占い、水晶占い、タロット占い・・・それから・・・・・・頭蓋穿孔なんてのもあるんだ。


『頭蓋穿孔・・・・・?』

今度遊びに来てくれたら・・・特別に占ってあげるよ。 

・・・・・少し気になることがあってね。


『気になること?・・ねえねえ・・・それより、おばあさん・・・場所はどこなの?
教えてくれないと行くにも行けないよ』

・・・――――――――――――――――・・・

・・・・。

『え・・・?ちょ、ちょっとッ!・・・全然聞こえないよぉー!
・・・私の夢はいつも肝心なところで聞こえなくなるんだから・・・!』

・・・――――――――――・・・


ふふふ・・・

・・・そうね、あんたがよく遊びに来る街だよ。
あんたが伝説のドラゴンボーンと最初に噂された街に私は住んでいるんだ。


それがヒントかねぇ・・・


――――――――――――――――――・・・・

・・・――――――――――――――・・・

・・・―――――――・・・


『・・・・・・もしかして・・・』

奇妙な夢だったにも関わらず、不思議と安らぎを得た感じがした。
あの謎の老人はいったい・・・。

【第13話】夢の中の老人

ガブリエラが言ったこと・・・・・・・・信じたくない。
自分の夢に出てくることが正夢になるとは思わない。だから気にしないことにする・・・。

シセロは私に何を言いたかったのかな・・・?


考えても答えは出てこない・・・なぜならSumomoの心の中の夢なのだから。
いずれにしても、本人の口から語らなければ・・・私の夢物語はこのまま先へは進まないのだろう。

web拍手 by FC2

PageTop

Profile

Sumomo R.

Author:Sumomo R.
いつもご訪問ありがとうございますo(*´∇`*)o♪
2016/10/21付けで完全にスカイリム専用ブログとなりました。
当ブログはR18/G※エロ・グロ含む記事がありますので、18歳未満の方は速やかにご退場ください。
オススメのMODの紹介やプチ小説(最初はゲーム日記だったのですが、妄想が止まらなくて小説染みた内容に変化しました・・・;)
下手な素人小説ですが、温かい目で見守ってください。
※MODは日々更新されておりますので、載せてる記事内容は古くなります。
※一部ネタバレ記事あり。
※拍手御礼画像は不定期で更新。
※当ブログはリンクフリーです。

New!
Menu
Colorful Tag Cloud
Search this site
Link
Counter
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ Archive
 
Amazon Pickup
Breathe ≪Amazon.co.jpアソシエイト≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。